活性酸素が起こす恐怖「動脈硬化」にはプラセンタが効く!?

プラセンタ100

身近な病気「動脈硬化」。その動脈硬化は身近な物質である活性酸素によって起こります。

では、その活性酸素とは何者でしょうか。


酸素は私たちが生きていく上で欠かせないもので、呼吸をすることで体内に運ばれます。

その酸素がちょっとしたキッカケで活性酸素になるわけです。

活性酸素は酸素とは異なり、不対電子をもち不安定なため、近くの分子から電子を奪ってきてしまいます。これが、いわゆる体内を酸化(サビ)させることになり、細胞の正常な働きを狂わせてしまいます。

その結果、シミ、シワなどの老化現象や、動脈硬化、ガンなどの病気の引き金をなってしまうわけです。


動脈硬化を招く活性酸素発生原因は、主に次のようなものが挙げられます。

【紫外線】

体が太陽の紫外線を浴びると、その刺激で皮膚に大量の活性酸素が発生します。

【たばこ】

たばこの煙には、ニコチン、タール、フェノール、ニトノソアミンなどの発ガン物質、活性酸素である過酸化水素が含まれています。煙に含まれるということはつまり、伏流煙を吸う禁煙者にも危険が潜んでいます。

【ストレス】

ストレスを感じることにより、体内で活性酸素が増えてしまいます。ストレスで胃が痛くなったり、十二指腸潰瘍になってしまうのも、実は活性酸素が原因です。

【電磁波】

パソコンや電化製品から発生する電磁波。これらの電波が、大気中の水の分子を分解して「活性酸素」を発生させてしまいます。


動脈硬化を引き起こす要素は、なかなか日常生活だけでは防ぎきれません。

動脈硬化を引き起こす原因となる活性酸素を除去させるよう、働きかけることが必要です。


そこでおすすめしたいのがプラセンタ100

プラセンタには活性酸素除去作用があるので、動脈硬化を防ぐためのサプリメントとして打ってつけのサプリメントです!

まずはお試し価格でプラセンタはじめてみませんか?

プラセンタの持つ3つの働きで動脈硬化を防ぐ!

プラセンタで動脈硬化が治るの?と疑問を持つ方もまだ多いでしょう。

プラセンタが動脈硬化を防ぐ秘密は、プラセンタのもつ3つの効果にあります。


【内分泌調節作用】

内分泌調節作用は、一言でいえばホルモンのバランスを調節する作用です。

ホルモンの分泌が過剰な時はそれを抑制し、またホルモンの分泌が不足すれば促進するように体に働きかけます。

中高年の女性は閉経後、女性ホルモンの一つであるエストロゲンの激減するため、プラセンタの持つ内分泌調節作用が効果的に働きます。

【活性酸素除去酸素】

動脈硬化を起こすのは、悪玉コレステロールと活性酸素です。

血液中の悪玉コレステロールの増加を抑えると同時に、「活性酸素の除去作用」により活性酸素の除去を促します。

【創傷回復促進作用】

弱ったり壊れたりした組織の修復を促進する作用です。正常に働かなくなった細胞の働きを、プラセンタの創傷回復促進作用が復活させてくれるというわけです。


これらの3つの働きをプラセンタが併せ持つため、プラアセンタが動脈硬化の予防に大切な役割を果たしてくれます。


いつ自分の身に起こるかわからない動脈硬化。プラセンタ100で動脈硬化を予防しましょう!

プラセンタとは…

プラセンタとは、哺乳動物が妊娠した際に、一つの受精卵を胎児にまで育てるために必要な器官。

プラセンタ100は、そのプラセンタを抽出した成分を100%濃度でサプリメントにしたものです。

1粒に含まれるプラセンタ原末はなんと、180mg!

プラセンタ100は、美容と健康に欠かせないサプリメントです。

Copyright © プラセンタの「活性酸素除去作用」で動脈硬化を予防せよ! All rights reserved